転職活動の面接対策について

 転職における最大のポイントとなるのは、採用担当者との面接です。新卒求人での面接とは違い、転職面接では自分を採用することで企業側にどのくらいメリットがあるのかを過去の実績を交えながらアピールする必要があります。 転職活動中は、緊張して面接に失敗したらどうしようと悩んでしまいがちですが、採用担当者は面接時の態度や様子よりも、あなたの身に着けたスキルや過去の実績といった具体的な能力を参考に採用の可否を判断しています。

 

 あなたにどれほど実力があったとしても、担当者のそのことが伝わらなければ意味がありません。転職面接では相手に自分の能力がうまく伝えられるようにすることを第一に考えて、しっかりと事前準備をしておきましょう。仕事に生かせる資格やスキルを持っていれば、積極的にアピールしてください。過去に資格やスキルを生かして仕事をした実践経験があれば、より好印象を与えられます。転職市場ではスキルや知識を持っていることそのものよりも、実際の仕事での実践経験の方が重視される傾向にあります。過去に担当した仕事や携わったプロジェクトは、格好のアピール材料になります。あなたがそのプロジェクトでどんな仕事を担当し、どのような形で仕事を進めたのかを説明できるように準備しておいてください。具体例をまとめた資料を作成しておくのも有効な方法です。