転職したい理由ナンバー1に選ばれたのは?

 某転職サイトがとったアンケートの結果から、転職の理由に1番多かったのは「他にやりたい仕事があるから」というものでした。それなら初めからその職種につけばよかったじゃないか・・・そう思う方もいるかもしれません。これがなかなか難しい問題なのです。働かなければならない、その際に自分が思うような職を見つけられる可能性はそれほど大きくないと思うのです。結局は妥協し付いた職で満足することができず、転職を決意する流れでしょう。でも、考えてみて下さい。とても前向きな理由だと思いませんか?「やりたい事がある!」そう言えるという事は、将来の夢があるということです。

 

 この理由が1番多いということは、世の中の景気が回復ムードである為ではないでしょうか。10位に入っている「会社の評価方法に不満がある」この件に関しては、誰しもどの企業へ行っても通る道かと。どれだけ頑張っていても評価に繋がり続けるとは限りません。力をふと緩めた時に評価へ繋がったなんてケースもよく耳にします。会社は個人ではありませんので、そこの所が理解できないとサラリーマンは難しいのではないかと。転職をすれば全ての不満を解消できるわけではありません。転職先にはまた新たな悩みの種があるかもしれない。メリットがあれば必ずデメリットも発生するということを念頭に置いて転職を考えてみて下さい。