転職の際に気をつけておきたい3つの事

 転職の際、とても慎重になりすぎて面接の時間よりも早めに着いてしまった・・・なんて経験はありませんか?遅れるよりは良いだろうと思いがちですが、早すぎても相手の予定に合わせられない人と判断されてしまいます。
 目的地までの道のりで時間を潰すなり、それが無理なら「早めに着いてしまいました。申し訳ありません。待たせて頂いてよろしいでしょうか?」この一言を言うと言わないでは大違いなのです。面接に必要な証明写真をプリクラやプライベート写真を切りぬいた物を使う方が増えているそうです。

 

 それは絶対にタブー。きちんとした履歴書用証明写真を貼るようにして下さい。遊び半分で仕事を考えている人と判断されてしまいます。写真を撮る時はまっすぐ前を向き、心持ち顎を引いた姿勢をとってみて下さい。顔の輪郭がシャープに映り、誠実な印象に映ります。

 

 最後にもう1つ。経歴や実績が曖昧になっていませんか?「大きな仕事を任されていました!」そう面接官に伝えた所で、説得力に欠けます。短時間で自分を解ってもらうには単刀直入を要求されますが、そこはできるだけ詳しく説明することを心がけましょう。自分を大きく見せる為、経歴を盛って話す方が多いそうですが、案外数をこなしている面接官には見破られてしまうようです。誠実さを伝えられる人程面接上手といって過言ではありません。